アスコルビン酸が入ったパックでおすすめなのは?

化粧品によく配合されているアスコルビン酸。

一体どんな成分なのか、そんなアスコルビン酸が入ったおすすめのパックを紹介していきます!

アスコルビン酸とは?

アスコルビン酸という言葉、一見難しそうなのですが、簡単にいうと、ビタミンCです。

アスコルビン酸というのは、数多くあるビタミンの中での名前ですが、その化学名がアスコルビン酸です。

 

アスコルビン酸の効果

アスコルビン酸には、人間の身体に嬉しい効果がたくさんあります。

美白効果

アスコルビン酸には、高い還元作用、すなわち抗酸化作用があると言われています。

ここで、メラニンについて説明します。

肌が紫外線を浴びると、皮膚のなかでは炎症が起こります。

これにより、メラニン生成の原因となる物質が作られます。

その結果表皮で元となる物質が酸化されて、メラニンがつくられます。

そして、紫外線の影響が皮膚の内部まで届かないようにして、肌を守る役割を担っています。

そんなメラニンですが、通常であれば28日サイクルで行われるターンオーバーにより、皮膚の表面まで押し上げられ、はがれ落ちます。

しかし、強い紫外線を浴びたり、ストレスなどでターンオーバーのサイクルが崩れてしまうと、メラニンも皮膚に留まってしまいます。

これがなかなか消えず、色素沈着し、シミとなってしまいます。

そこで、抗酸化作用のあるアスコルビン酸を与えることで、このシミのもととなるメラニン自体を抑えることができ、美白効果があると言われています。

コラーゲンの生成を助ける

ハリや弾力のために重要なコラーゲンですが、このコラーゲンがつくられるためには、アスコルビン酸が不可欠です。

ただし、コラーゲンの生成のために必要なアスコルビン酸の量はごくわずかです。

そのため、アスコルビン酸が不足すると出血が起こりやすくなる「壊血病」を引き起こしますが、日本ではほとんどありません。

免疫力を高める

風邪などのウイルスを戦う免疫物質「インターフェロン」があります。

これがしっかりしていないと、免疫力が低下し、風邪などにかかりやすくなります。

アスコルビン酸はインターフェロンを作られるのに必須です。

加えて、アスコルビン酸は粘膜を正常に保つ働きがありますので、免疫力高める役割を担っています。

ニキビをできにくくする

アスコルビン酸には、皮脂腺の活動を弱くする働きがあります。

また、抗酸化作用があるので、ニキビの原因となる過酸化脂質という物質をできにくくします。

そのため、アスコルビン酸はニキビにも効果やコラーゲンとエラスチンの結合を強める作用があります。

これはニキビ跡の改善にも効果が期待されます。

ストレスを緩和する

副腎と呼ばれる臓器が疲れてきてしまうと、ストレスを感じやすくなってしまいます。

この副腎は、アスコルビン酸の濃度が高く、多くのアスコルビン酸を必要としています。

そこで、アスコルビン酸を摂取することで、副腎が元気になり、ストレスを緩和する効果があると言われています。

貧血を予防する

アスコルビン酸には、鉄の吸収を助ける働きがあります。

そのため、貧血予防にもなると言われています。

 

アスコルビン酸摂取方法

聞いたことがある方多いと思いますが、ビタミンCは体内で作成することができません。

そのため、外から摂取することが必要です。

食べ物から摂取する

アスコルビン酸が多く含まれる食品を紹介します。

  • 柑橘類(オレンジやグレープフルーツなど)
  • ピーマン
  • イチゴ
  • キウイフルーツ
  • ブロッコリー
  • カリフラワー
  • ゴーヤ
  • メロン
  • ベイクドポテト(焼いたじゃがいも)

サプリメントから摂取する

サプリメント中のビタミンCは、アスコルビン酸という形で配合されています。

アスコルビン酸カルシウム、アスコルビン酸ナトリウムなど、その他の様々な形態でのサプリメントがあります。

しかし、どの形のビタミンCが優れているかは明らかになっていません。

スキンケアから取り入れる

科学の進歩で、近年はさまざまな化粧品が開発されています。

その中にアスコルビン酸が含まれる化粧水や美容液がありますので、こういった商品から取り入れるのも有効です。

化粧水や美容液だけでなく、パックに含まれている商品もあります。

その1つとしてFAVORINAの「炭酸ジェルパック」を紹介します。

こちらは血流促進の効果がある炭酸ジェルパックなのですが、なんとアスコルビン酸も含まれているので、肌の印象が明るくなることが期待できます。

また、アスコルビン酸ではなく、ビタミンC誘導体というものが含まれたスキンケア商品多く発売されています。

別名「アスコルビン酸グルコシド」と呼ばれています。

ビタミンC誘導体は皮膚に浸透しやすいとされていますので、これらが含まれたスキンケア商品を取り入れるのもおすすめです。

⇒炭酸ジェルパック公式サイト

アスコルビン酸を摂りすぎると…?

アスコルビン酸を摂りすぎると、下痢、吐き気、胃のけいれんが生じる場合があります。

成人のビタミンCの安全な最大量は2000㎎とされています。

なお、レモン1個に含まれるビタミンCの量は20㎎とされているので、レモン100個分になります。

 

アスコルビン酸って有能なんです!

今回ご紹介したように、アスコルビン酸って実は嬉しい効果がたくさんあるんです!

もちろん美肌を保つためには

  • 食習慣
  • 睡眠
  • 運動

などの基本的な生活習慣が大切ですが、それに加えて、自分に合った方法や食べ物から上手にアスコルビン酸を摂取できると良いですね。

関連記事

  1. アスコルビン酸とLアスコルビン酸の違い

  2. 「ザクロ果皮エキス」はどんな効果がある?この成分が入っているおすすめの…

  3. 金箔パックの効果とパックできるお店を紹介します!

  4. 自宅で簡単・クエン酸パック!その効果と作り方

  5. 温泉成分がはいったスキンケアアイテムで美肌になろう!

  6. 美容成分・アスコルビン酸の美白効果は?

  7. 「ラミナリアディギタータエキス」の効果は?この成分が入っているおすすめ…

  8. アスコルビン酸(ビタミンC)をお肌に付けた時の美容効果は?