アスコルビン酸はニキビ改善効果がある?アスコルビン酸とニキビの関係性とは?

ニキビを放置すると、赤ニキビや黒ニキビ、紫ニキビなどへ悪化し、大きなニキビ跡が残ってしまう可能性があります。

そうなる前にニキビをケアすることが大切です。

ニキビのケアにおすすめな成分がアスコルビン酸です。

ここでは、アスコルビン酸はどのような成分なのか、ニキビへの効果とあわせて紹介します。

アスコルビン酸とは


アスコルビン酸は、ビタミンCともいいます。

ビタミンCは、ニキビだけではなく様々な肌荒れに効果があるといわれています。

アスコルビン酸がなぜニキビによいのかを解説する前に、まずはニキビの原因について紹介していきます。

ニキビの原因とは


ニキビは、毛穴に角質や皮脂などが詰まったものです。

この状態では炎症が起きておらず、白っぽい見た目をしています。

その見た目から、白ニキビと呼ばれています。

しかし、毛穴にアクネ菌が感染して皮脂を分解すると、アクネ菌が肌に刺激を与える成分を分泌します。

その結果、炎症が起きて赤ニキビへと悪化するのです。

赤ニキビになると、ニキビの周りまでも赤くなり目立つようになります。

また、炎症が起こる前に皮脂が酸化すると、黒くなります。

これを黒ニキビといいます。

他にも、化膿をくり返して紫色になる紫ニキビなどがあります。

炎症や化膿をくり返すことで、メラニン色素が大量に生産され、肌に沈着してしまうことがあります。

これがいわゆるニキビ跡の正体です。

また、肌の奥深くの真皮にまで炎症が及ぶと、クレーター状のニキビ跡が残ります。

ここまで悪化すると、クリニックで治療を受けても完全に消すことは困難です。

アスコルビン酸のニキビへの効果


アスコルビン酸は、ニキビに対して次のように作用します。

・色素沈着の予防
アスコルビン酸には、メラニン色素の還元作用<があります。

つまり、メラニンによるシミやくすみの改善が期待できるのです。

・炎症を抑える
アスコルビン酸は、活性酸素を分解する働きを持ちます。

活性酸素は、肌の炎症にともなって発生し、肌にダメージを与えます。

ニキビの炎症によるニキビ跡の予防が期待できます。

・肌のターンオーバーを促す
肌の弾力をつかさどるコラーゲンの生産を促すことで、肌のターンオーバーを整えるよう働きます。

肌のターンオーバーが整うことにより、ニキビの早期改善が期待できます。

アスコルビン酸をそのまま肌に塗っても効果はない


アスコルビン酸は肌への浸透性が低く、空気に触れると破壊されるため、肌に塗ったとしても効果は発揮されません。

そこで活用したいのが ビタミンC誘導です。

これは、ビタミンCを人工的に加工して肌への浸透性を高めたもので、肌に入ってからビタミンCへと変化します。

ビタミンC誘導体の種類


ビタミンC誘導体には、次のような種類があります。

・水溶性ビタミンC誘導体
即効性が高いことが特徴です。

しかし、高濃度のものだと皮脂の分泌を抑えすぎてしまうことで乾燥を招くことがあります。

乾燥すると刺激に弱くなるため、ニキビのリスクが高まります。

・親油性ビタミンC誘導体
クリームや乳液に配合できるようにビタミンCを乳化させたものです。

浸透性が非常に高く、ターンオーバーを促す作用を持ちます。

また、肌への刺激が少ないので、万人に使えることも特徴の一つです。

・両性ビタミンC誘導体
水溶性ビタミンCにパルミチン酸を加えたもので、水溶性と親油性の両方の性質を持っています。

浸透力と即効性
の両方に優れています。

ニキビを防ぐための習慣


ビタミンC誘導体を含む化粧品をどれだけ使用しても、ニキビができやすい生活を続けていると、いつまで経ってもニキビが治らない事態に陥ります。

まずは

  • 食生活
  • 生活習慣
  • 運動
  • スキンケア

などを見直しましょう。

食生活

ニキビによいとされる成分には

  • ビタミンA
  • ビタミンC
  • ビタミンE

などがありますが、大量に摂取してもニキビを改善することはできません。

大切なことは、栄養バランスに優れた食事を摂ることです。

また、脂質の過剰摂取に注意しましょう。

摂り過ぎた脂質は皮脂の過剰分泌を招きます。

その結果、毛穴に皮脂が詰まりやすくなり、ニキビができやすくなるのです。

肉類を食べる際には、できるだけ赤身を選びましょう。

生活習慣

タバコに含まれるニコチンには血管を収縮させる作用があるため、血流の悪化に繋がります。

血流が悪くなるとターンオーバーに必要な栄養が肌に供給されなくなり、肌のダメージが回復されにくくなります。

そして、肌が刺激を受けやすくなり、ニキビなどのトラブルが起こるのです。

運動

運動をすることで血流が促され、肌細胞に十分な栄養が供給されるようになります。

ターンオーバーが整い、ニキビができにくくなります。

スキンケア

肌に刺激を与えるような洗い方をしたり、皮脂を落としすぎる思春期ニキビ用の洗顔料を使用したりすると、肌トラブルが起こりやすくなります。

洗顔後には、しっかりと保湿をして乾燥を防ぐことも大切です。

オススメはフェヴリナの炭酸ジェルパック!

パックでおすすめなのがフェヴリナの炭酸ジェルパック!

自宅でかんたんに炭酸パックができますよ。

炭酸によってお肌の血行が良くなり、ターンオーバーも促進!

ニキビや赤ら顔など肌トラブルに悩んでいる人にもってこいのパックです。

石油系界面活性剤やアルコールを使っていないので目元や唇に使えるくらいお肌に優しいんです。

保湿成分もたっぷり入っているのでパックした後はエステに行った後のようなしっとり感が続きます!

今だと初回限定炭酸ジェルパック5回分が70%OFFの4,500円で購入できます!

ちょっと高いかな…

と思っている方もいるかもしれませんが、エステ代と比べるとかなりお得なので試す価値アリですよ♪

⇒炭酸ジェルパック公式サイト

フェヴリナ炭酸ジェルパック

関連記事

  1. クエン酸とアスコルビン酸の違いは?

  2. アスコルビン酸ってどんな成分?効果や副作用は?

  3. ビタミンcとアスコルビン酸の違いや効果とは?

  4. アスコルビン酸の肌への効果は?この成分が入ったおすすめの化粧品は?

  5. アスコルビン酸のシミ改善効果とは?