アスコルビン酸のシミ改善効果とは?

美容アイテムをよく見ると、「アスコルビン酸」配合と言う商品が多くないですか?

特にシミ関連の商品には必ずと言ってよいほど、アスコルビン酸が含まれていますよね。

でもスコルビン酸って実際どのような働きでシミを落としていくのかご存知でしょうか?

シミが気になる方には是非読んでいただきたいアスコルビン酸についてお伝えしていきます。

美容に大活躍のアスコルビン酸ってどんなものなの?

シミ関連の化粧品には必須の「アスコルビン酸」。

実際美白と呼ばれる化粧品には、ほとんど含まれています。

これだけ使用されているアスコルビン酸の正体ってどんなものなのでしょう。

アスコルビン酸は、皆さんおなじみのビタミンCの別名をもっています。

ビタミンCと言えば、果物や酸っぱいものにも多く含まれていて、還元作用があると言われていますよね。

この還元作用というのは酸化の反対の作用を言います。

例えば鉄が酸化したというと、さびがでてしまうことを言いますが、これと同じで肌も酸化するとサビる様に衰えてしまうのです。

鉄は還元すると元のぴかぴかに戻っていきますから、肌も同じようにぴかぴかに戻っていくというもの。

だからアスコルビン酸を摂取することで、体の衰えを元に戻す効果があります。

アスコルビン酸はシミに効果がある!

ビタミンC誘導体とは?

アスコルビン酸がシミに効果があるというのは実はビタミンCそのものではなく、ビタミンC誘導体といって、ビタミンCよりも酸化しにくい物質なのです。

これはアスコルビン酸に、

  • マグネシウム
  • ナトリウム

を加えたものです。

ビタミンCだとすぐに酸化してしまうのが、誘導体だと化粧品に配合しても、酸化しにくいのが特徴です。

アスコルビン酸のシミへの効果とは?

シミの元であるメラニンは、肌が紫外線から守るためにうまれてくるもの。

メラニンがあるからこそ、細胞が壊れなくて済んでいるんです。

ところがこれがストレスや、何らかの作用で正常に機能しなくなると、メラニン色素が肌細胞から排出できなくなり、肌に残ってしまいます。

そしてそのままメラニンが沈着すると、肌の表面に姿を現し、シミとなっていくのです。

アスコルビン酸はこういったシミを還元して、もとに戻してくれる働きをもっています。

これはアスコルビン酸の持つ、高い抗酸化作用によるものなのです。

このアスコルビン酸の成分が入った炭酸ジェルパックがオススメです!

自宅でかんたんに炭酸パックができますよ。

炭酸によってお肌の血行が良くなり、ターンオーバーも促進!

気になるしわに効果的で美肌効果があります。他にもニキビや赤ら顔などの肌トラブルに悩んでいる人にもってこいのパックです。

石油系界面活性剤やアルコールを使っていないので目元や唇に使えるくらいお肌に優しいんです。

保湿成分もたっぷり入っているのでパックした後はエステに行った後のようなしっとり感が続きます!

今だと初回限定炭酸ジェルパック5回分が70%OFFの4,500円で購入できます!

ちょっと高いかな…

と思っている方もいるかもしれませんが、エステ代と比べるとかなりお得なので試す価値アリですよ♪

⇒炭酸ジェルパック公式サイト

フェヴリナ炭酸ジェルパック

アスコルビン酸の化粧品の効果は?

ではアルコルビン酸を配合した化粧品について、その他の働きも含めて説明していきましょう。

1.アスコルビン酸(ビタミンC誘導体)にはいろんな力がある

アスコルビン酸というとピンとこないかもしれませんが、化粧品に使用する時は「ビタミンC誘導体」という名称で使用されています。

ビタミンC誘導体には、

  • シミ
  • そばかす

を薄くする効果があります。

そして新しくシミが出来るのを抑制する働きもあります。

しかしビタミンC誘導体の力はこれだけではありません。

この他に、

  • 肌のコラーゲンを増加させ、しわやたるみの改善をおこなったり
  • 肌の老化を防止したり
  • セラミドを合成促進するため、毛穴を目立ちにくくしてくれます。
  • 更に抗炎症作用をもつため、ニキビの予防にもなっています。

シミを減らそうと思ってビタミンC誘導体を使っていたら、肌がしだいに綺麗に、一段肌色が綺麗になったと感じるのはこの作用からなのです。

2.ビタミンC誘導体は選ばなくてはいけない

ビタミンC誘導体の美容商品は、非常にたくさんの種類があります。

どれを買っても同じかというと、そんなことがありません。

ビタミンC誘導体には

  • 水溶性
  • 脂溶性
  • 新型APPS

の3種類あって、中でも水溶性に分類されるグルコシド型はおすすめできません。

グルコシド型は、おちついたビタミンCのため、肌の上で安定してしまい、奥まで浸透しなくなってしまうからです。

逆におすすめなのは、新型APPSタイプです。

これは

  • 脂溶性
  • 水溶性

両方の性質を持ち、肌に浸透する時も他のビタミンC誘導体の100倍もの力をもちます。

しかしネックなのが価格です。

これだけの高品質。

やはりお値段がかなり高くなってしまいます。

アスコルビン酸でシミ予防する時に注意したいこと

アスコルビン酸は、水溶性のビタミンですから基本的に多く服用しても、おしっことして流れていきますから安心ですが、心配な面もあります。

大量にアスコルビン酸を摂取すると、

  • 吐き気
  • 下痢
  • 腹痛

を起こすことがまれですがあるようです。

もしこうした副作用の症状が出た場合は、すぐに服薬を中止して様子をみましょう。

良くならない場合は、念のため医師に診てもらいましょう。

それからアスコルビン酸は、シミに対して飲めばすぐに効果が上がるというものではありません。

シミを本格的に消そうとか薄くしようと思ったら、最低3ヶ月は服薬することをおすすめします。

また、レモンなどもビタミンCですが、シミに効果があるといって、輪切りにして直接パックしたりするのはやめておきましょう

これはレモンに含まれているソラニンという成分が、紫外線を受けると逆にシミを増やしてしまうからです。

まとめ

アスコルビン酸、別名ビタミンC誘導体についてお伝えしましたが、おわかりいただけたでしょうか?

ビタミンC誘導体は、

  • シミを還元して
  • しかも新しくできるシミを抑制してくれる働き

があります。

シミが気になる女性には救世主といったところですが、使い方次第ではデメリットもあるということを充分頭に入れておき、ご自分にあった化粧品を選ぶようにしてくださいね。

関連記事

  1. アスコルビン酸ってどんな成分?効果や副作用は?

  2. クエン酸とアスコルビン酸の違いは?

  3. アスコルビン酸の肌への効果は?この成分が入ったおすすめの化粧品は?