【必見!】アレルギーと敏感肌って同じなの?違いや原因&改善方法まとめ

【新規】フェヴリナ炭酸ジェルパック

肌が赤くなったり痒くなったりすることのある、アレルギーと敏感肌

表れる症状が似ていることから、アレルギーのせいなのか、敏感肌のせいなのかよく分からないことも。

アレルギーと敏感肌による肌トラブルを改善するには、原因を知ることが大切です。

アレルギーと敏感肌が起こる原因と対処法についてご紹介します。

アレルギーと敏感肌について

アレルギー物質に反応することによって起こるアレルギー

アレルギーとは、アレルギー物質に触れることで、皮膚が反応してトラブルを起こしてしまうこと。

アレルギー物質を食べることで、肌に症状が表れてしまうことも。

肌のアレルギー反応には、肌が赤くなる、痒くなる、湿疹ができるなどがあります。

体には異物を排除する防御機能が備わっているのですが、アレルギー物質には過剰に反応してしまい、肌トラブルを起こしてしまうんです。

何がアレルギー物質となるのかは、人によって違います。

肌のアレルギー物質として多いものは、アルコール、香料、色素、パラベン、レチノール、花粉症、金属など。

アレルギー物質となるものは様々で、アレルギーを起こす人が増えてきていると言われています。

自分のアレルギーが何かを知らないこともあります。

肌のバリア機能が低下することで起こる敏感肌

敏感肌とは、何らかの理由から肌のバリア機能が低下して、肌が刺激に弱くなっている肌のこと。

普段ならなんともない刺激でも、敏感肌だと肌が反応して、肌が赤くなったり痒くなったりしてしまいます

いつも使っている化粧品が、肌に合わなくなってしまうことも。

肌のバリア機能が低下してしまう原因には、肌の乾燥、肌のターンオーバーの乱れ、肌に負担をかけるスキンケア、不規則な生活、食生活の乱れなどがあります。

アレルギーと敏感肌の違い

アレルギーと敏感肌の違いは、何に反応するのかというところ。

敏感肌はいろんな刺激に対して反応しますが、アレルギーは自分のアレルギー物質にしか反応しません

敏感肌は肌の状態が崩れてバリア機能が低下することで症状が表れますが、アレルギーに肌の状態はあまり関係ありません。

アレルギーの場合、肌の状態が整っていてもアレルギー物質に触れることで症状が表れてしまいます。

アレルギーと敏感肌は症状が似ていることから、どちらか自分で判断するのが難しいと言われています。

皮膚科なら、アレルギーかどうか検査することができますよ

 

アレルギーの対処法

アレルギー物質に触れないようにする

アレルギーを起こさないためには、アレルギー物質に触れないことが第一

そのためには、自分は何がアレルギー物質となってしまうのかを知ることが大切です。

肌の調子は良かったはずなのに、突然かぶれたりした時には要注意。

その時に、いつもと違うスキンケアアイテムを使用しなかったか?

何か肌に触れなかったか?何を食べたのか?などを、チェックしておきましょう。

アレルギー物質に気付いたら、体に近づけないようにしてください。

肌がアレルギー反応を起こしてしまった時の応急処置

アレルギー反応と思われるものを、直ちに取り外すことが大切です。

化粧品だと思われる時には、洗顔をして洗い流してください。

症状がおさまらない時には、医療機関を受診するのがオススメです。

皮膚科では、アレルギー検査をしたり、治療薬を処方してもらったりすることができます。

 

敏感肌の対処法

保湿ケアをして肌を乾燥させない

肌のバリア機能が低下する大きな原因となってしまうのが、肌の乾燥

肌を乾燥させないためにも、肌に必要な皮脂と角質を取り過ぎないように注意しましょう。

洗顔やピーリングなどをする時には、やり過ぎないように注意してください。

毎日の保湿ケアを丁寧に行い、肌の潤いを保ちましょう。

オススメはフェヴリナの炭酸ジェルパック!

自宅でかんたんに炭酸パックができますよ。

炭酸によってお肌の血行が良くなり、ターンオーバーも促進!

ニキビや赤ら顔など肌トラブルに悩んでいる人にもってこいのパックです。

石油系界面活性剤やアルコールを使っていないので目元や唇に使えるくらいお肌に優しいんです。

ヒアルロン酸などの保湿成分がたっぷり入っているのでパックした後はエステに行った後のようなしっとり感が続きます!

今だと初回限定炭酸ジェルパック5回分が70%OFFの4,500円で購入できます!

ちょっと高いかな…

と思っている方もいるかもしれませんが、エステ代と比べるとかなりお得なので試す価値アリですよ♪

⇒炭酸ジェルパック公式サイト

こちらの記事では実際に炭酸パックを使用し、感想やパックについて詳しく紹介しています♪

正しいケアをして肌に刺激を与えない

肌に刺激を与えると、肌のバリア機能がダメージを受けてしまいます。

肌をこすったり、強くパッティングしたりしないようにしましょう。

紫外線も肌にダメージを与えてしまうので、紫外線対策をすることも大切です。

肌に刺激を与えないためにも、肌に優しいケアをするようにしてください。

生活を整えて肌のターンオーバーを整える

肌のバリア機能を高めるためには、肌のターンオーバーを整えることが大切です。

肌のターンオーバーを促すためにも、肌を健康に保つように心掛けましょう。

生活リズムを整えて質の高い睡眠をとる。

肌と体に必要な栄養素をきちんと摂る。

心身をリラックスさせ、疲労を回復させる時間をとる。

気分転換などをして、ストレスを溜めないようにするなどが大切です。

 

まとめ

アレルギーはアレルギー物質に触れることで、敏感肌はバリア機能が低下することで肌トラブルを起こしてしまいます。

アレルギーと敏感肌は症状が似ていることから、見分けるのが難しくなっています。

肌トラブルを起こしている原因が、アレルギーなのか敏感肌なのかを知ることが大切ですよ。

関連記事

  1. 敏感肌にオーガニック化粧品は合うのか?!正しい知識でケアしよう!

  2. 超敏感肌は改善できる!原因と対策を知ってストレスフリーな肌に!

  3. 【敏感肌さん必見】大人ニキビの原因とスキンケア対策|まとめ

  4. 【診断チェックあり】もしかして敏感肌かも?敏感肌の対処法まとめ

  5. お酒は敏感肌の原因に?!アルコールがもたらすお肌へのダメージとは?

  6. 敏感肌と乾燥肌の違いって?異なる対処法やスキンケア法|まとめ