お酒は敏感肌の原因に?!アルコールがもたらすお肌へのダメージとは?

【新規】フェヴリナ炭酸ジェルパック

肌に赤みや痒みなどの肌トラブルを起こしてしまう、敏感肌。

飲酒が、敏感肌の原因になってしまうことがあるとご存じですか?

敏感肌にならないためには、お酒の飲み方を工夫することが大切です。

アルコールと敏感肌の関係、肌への影響を抑えるお酒の飲み方についてご紹介します。

 

敏感肌の原因にもなってしまうアルコール

お酒ってどんなもの?

お酒とは、アルコールであるエタノールが入っている飲み物のこと

日本酒、ビール、ワインなどの醸造酒。

焼酎、ブランデー、ウォッカなどの蒸留酒。

梅酒、カンパリなどのリキュール。

いろんなお酒やジュースなどを混ぜて作られたカクテルなどがあります。

お酒をストレス発散や、人付き合いの一つとして利用している人も多いようです。

お酒は程よく飲むと気分を明るくしたり、心身をリラックスさせたりしてくれるものですが、飲み過ぎると体や肌に悪影響を与えてしまいます

悪酔いすることで、嘔吐や嘔吐を引き起こしたり、意識がもうろうとなったりしてしまうことも。

アルコールを分解する働きのある肝臓や、他の臓器にも負担をかけてしまいます。

アルコールには依存性があるため、お酒から離れられなくなってしまう恐れもありますよ。

アルコールがもたらす肌への影響

アルコールは肌へも影響を与え、敏感肌の原因となってしまうことがあります。

アルコールは体の中に入ると、肝臓で分解され体外に排出されます。

でもアルコールを分解するためには、多くの水分が必要となってしまうんです。

飲んだ分の水分でアルコールを分解できないと、体内にある水分を使ってアルコールを分解することになります。

そのせいで、体内の水分が不足してしまうことに。

アルコールには利尿作用があるため、排尿回数が増え、さらに体内の水分が失われてしまいます。

体内の水分が不足すると、肌の水分も減少して乾燥してしまいますよ

この肌の乾燥が、敏感肌になってしまう原因の一つ。

肌が乾燥すると、肌にあるバリア機能が低下してしまいます。

バリア機能が低下すると外的刺激から肌を守ることができなくなり、刺激に弱い状態となってしまいます。

アルコールの影響によって、睡眠の質が低下してしまうことも敏感肌の原因となってしまいます。

アルコールを睡眠前に飲むと、睡眠中にも体はアルコールを分解するために働かなくてはなりません

そのせいで、眠りが浅くなり睡眠の質が低下してしまうんです。

睡眠の質が低下すると、肌のターンオーバーも乱れてしまいます。

肌のターンオーバーが乱れることで、肌のバリア機能も低下して敏感肌になってしまいます。

 

アルコールとの上手な付き合い方

敏感肌にならないお酒の飲み方

一番大切なのが、お酒を飲むのはほどほどにすること

お酒を飲み過ぎてしまうと、肌も大きく影響を受けてしまいます。

厚生労働省によると、1日に飲むお酒の適量は純アルコール約20g程度だとされています。

純アルコール約20グラムというと、ビールでいえば500mlほど

日本酒だと180mlほど

ワインだと200mlほどになります。

女性は男性よりもアルコールの影響を受けやすいため、純アルコール10~14gほどになるようにしましょう。

週に2日は、お酒を飲まない日をつくることも大切です。

肌の乾燥を防ぐためにも、水分を多くとるようにしましょう

お酒を飲む時には、お酒とは別にミネラルウォーターなどの水分をとるようにしてください。

空腹だとお酒の影響を受けやすくなるため、すきっ腹で飲まないようにしましょう。

他の物を食べながら、ゆっくりとお酒を飲むのがオススメです。

お酒の影響は年齢、体格、その日の体調などによって左右されます。

体調を見ながら、無理なく適量を飲むようにしてくださいね。

お酒を飲む時の注意点

お酒を飲む時には、できるだけ楽しいお酒にするようにしましょう。

リラックスして楽しい時間を過ごすことで、ストレスの解消に役立てることができます。

人によっては、お酒を飲むといろんなことが面倒になってしまうことがあります。

そのため、お肌のお手入れなどが手抜きになってしまうことも

洗顔、基本のスキンケアは美肌になるために欠かせません。

肌のお手入れを怠ることで、敏感肌になってしまうこともあります。

お酒を飲んだ後にも、しっかりとお肌のお手入れをしてから寝るようにしましょう。

特に、保湿ケアは十分に行うようにしてください。

夜遅くまでお酒を飲んでいると、体調や肌に悪影響を与えてしまうため、夜更かしはほどほどにして就寝するようにしましょう。

できるだけ質の高い睡眠をとれるように、心掛けるようにしてください。

お酒を飲んだ次の日にはパックをするなどしてお肌に十分なケアをしてあげましょう。

オススメはフェヴリナの炭酸ジェルパック!

パックでおすすめなのがフェヴリナの炭酸ジェルパック!

自宅でかんたんに炭酸パックができますよ。

炭酸によってお肌の血行が良くなり、ターンオーバーも促進!

ニキビや赤ら顔など肌トラブルに悩んでいる人にもってこいのパックです。

石油系界面活性剤やアルコールを使っていないので目元や唇に使えるくらいお肌に優しいんです。

ヒアルロン酸などの保湿成分がたっぷり入っているのでパックした後はエステに行った後のようなしっとり感が続きます!

今だと初回限定炭酸ジェルパック5回分が70%OFFの4,500円で購入できます!

ちょっと高いかな…

と思っている方もいるかもしれませんが、エステ代と比べるとかなりお得なので試す価値アリですよ♪

⇒炭酸ジェルパック公式サイト

フェヴリナ炭酸ジェルパック

こちらの記事では炭酸ジェルパックについて詳しく紹介しています♪

 

まとめ

お酒を飲み過ぎると、肌を乾燥させたり、肌のターンオーバーを乱したりしてしまうため、肌のバリア機能が低下してしまいます。

そのせいで、敏感肌になりやすくなってしまうんです。

お酒を飲む時には、飲み方を工夫することが大切ですよ。

肌への影響を抑える飲み方をマスターして、楽しくお酒を飲むようにしましょう

関連記事

  1. 【診断チェックあり】もしかして敏感肌かも?敏感肌の対処法まとめ

  2. 超敏感肌は改善できる!原因と対策を知ってストレスフリーな肌に!

  3. 【敏感肌さん必見】大人ニキビの原因とスキンケア対策|まとめ

  4. 敏感肌にオーガニック化粧品は合うのか?!正しい知識でケアしよう!

  5. 敏感肌と乾燥肌の違いって?異なる対処法やスキンケア法|まとめ