男性の赤ら顔の原因は?皮膚科で治療できる?

赤ら顔とは?

  • 暑いところに行く
  • 緊張する
  • アルコールを摂取する

と顔が赤くなることは、よくあると思います。

この場合は、一時的に血液の流れが増えているだけなので、元に戻ります。

一方で何もしていないにも関わらず、顔が赤くなってしまうことを赤ら顔と言います。

この場合には、肌表面の毛細血管がずっと広がっている状態です。

赤ら顔の主な原因は?

赤ら顔になる原因を突き止めていきましょう。

皮膚が薄い

皮膚が薄くなってしまうと、毛細血管が透けやすくなるため、赤くなってみえます。

皮膚の薄さは生まれつきの場合と過度な刺激によるものがあります。

過度な刺激としては、過剰な洗顔やピーリングなどがあります。

40歳代中盤くらいまでの皮膚が薄くなってしまう原因は、間違ったスキンケアによるものが一番多いとも言われています。

また、薄い皮膚になにも塗らずに紫外線を浴びることで、毛細血管が傷つき、炎症が起こりやすいこともあります。

顔の皮膚はもともと他の部位に比べてデリケートです。

そのため、傷つけているという自覚がなくても、皮膚を削ってしまっている可能性があります。

ニキビなどの肌トラブル

  • ニキビ
  • かぶれ
  • 吹き出物

などの肌トラブルは炎症を引き起こします。

その結果皮膚が赤くなります。

また、敏感肌などの肌があまり強くない人の場合は、一度の炎症により、さらに別の肌トラブルを引き起こしやすくなり、さらに赤い範囲が広がってしまう場合もあります。

同じところに肌トラブルが続き、炎症している状態のままだと、それが色素沈着し、赤ら顔になってしまうというケースもあります。

脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎のとは、オイリー肌特有のもので、普通の人よりも皮脂が過剰に分泌されやすい病気です。

皮脂が過剰に分泌された結果、毛穴が詰まったり、そこにカビが繁殖しやすくなり、赤くなります。

体質そのものが原因ということもありますが、ストレスなどにより男性ホルモンのバランスが崩れたときに起こりやすいと言われています。

対策は?

まずはじめに正しいスキンケア方法について紹介したいと思います。

正しいスキンケア方法を身に付ける

原因でも紹介しましたが、顔のお肌は他の部位よりもデリケートです。

そのため、正しいスキンケアを実践し、肌に負担をかけないようにすることが大切です。

まず洗顔についてです。

さきほども紹介したように、ゴシゴシと洗い、強い刺激を与えるのはダメです!

特に男性の場合は、皮脂の分泌量が多く、ゴシゴシしたくなる気持ちも分からなくもないですが、それでは肌を傷つけでしまいます。

洗顔は、しっかりと泡をたてて、泡で洗いましょう。

直接手で肌に触れるのではなく、クルクルと泡を転がすように洗うよう心がけましょう。

ぬるま湯や水だけでの洗顔では、ある程度の汚れは落ちますが、皮脂の汚れは残りやすいので、洗顔料を用いて洗いましょう。

また、脂性肌の方の場合は、泡立ちがよく、さっぱりとしたものがおすすめです。

次に化粧水です。

化粧水を手で浸透させるには限界があり、無理にいれようとしても奥まで浸透するというものではありません。

そのため、必要以上に何度も重ねてつけたり、パンパンと叩くようにしてつける必要はありません。

手のひらでやさしく押さえ、なじませるよう心がけましょう。

肌がべたつくという方は、皮脂の多いTゾーンは少なめにするなど調整しましょう。

次に乳液です。

化粧水のみでは肌表面から水分が蒸散してしまいます。

それを防ぐために、ふたの役割をしてくれるのが、乳液です。

化粧水をつけてから時間が経ってしまうと水分が揮発してしまうため、すぐに乳液をつけましょう。

化粧水が浸み込むのを待つ必要はありません。

乳液のあとにクリームを用いた方が良い場合もあります。

空気が乾燥している時期や、乾燥しやすい場合は、クリームも活用しましょう。

脂漏性皮膚炎が疑われる場合は皮膚科へ

脂漏性皮膚炎の場合は、皮膚科でステロイドや抗真菌薬を処方してもらい、治療することができます。

脂漏性皮膚炎が改善されたからといって必ずしも赤ら顔が治るとは限りませんが、脂漏性皮膚炎が原因となる肌トラブルは改善することができます。

無理に自力で直そうとせず、皮膚科で適切なお薬をもらい、スキンケアについてもアドバイスをもらうようにしましょう。

美容皮膚科で治療をする

現在男性の赤ら顔の治療を行っている皮膚科は多くあります。

専門のクリニックに受診することで、根本的な問題の治療を行うと同時に、各種レーザー治療などその人にあった施術を受けることができます。

ピーリングなど自力で行ってしまうと、かえって肌に負担がかかり、悪化してしまったり、痕が残ってしまう場合もあります。

一方で専門の医療機関でやってもらえば、肌への負担を最小限にすることができます。

迷っている方はぜひカウンセリングに行って、話をきいてみることをお勧めします。

男性の赤ら顔には、適切なスキンケアと専門家のアドバイスがポイント

男性の赤ら顔の原因は人それぞれです。

確実な対策や改善方法はありません。

赤ら顔で悩まれている場合には、まず正しいスキンケアを行い、お肌を大切にすることが必要です。

また、赤ら顔の治療そのものは自力でできる簡単なものではありませんが、皮膚科で治療することができます。

迷っている方は是非受診してみることをおすすめします

オススメはフェヴリナの炭酸ジェルパック!

パックでおすすめなのがフェヴリナの炭酸ジェルパック!

自宅でかんたんに炭酸パックができますよ。

炭酸によってお肌の血行良くなり、ターンオーバーも促進!

ニキビや赤ら顔など肌トラブルに悩んでいる人にもってこいのパックです。

石油系界面活性剤やアルコールを使っていないので目元や唇に使えるくらいお肌に優しいんです。

保湿成分もたっぷり入っているのでパックした後はエステに行った後のようなしっとり感が続きます!

今だと初回限定炭酸ジェルパック5回分が70%OFFの4,500円で購入できます!

ちょっと高いかな…

と思っている方もいるかもしれませんが、エステ代と比べるとかなりお得なので試す価値アリですよ♪

⇒炭酸ジェルパック公式サイト
フェヴリナ炭酸ジェルパック

関連記事

  1. 肌の赤みがきになる!赤ら顔を治す方法はある?

  2. 乾燥して赤ら顔に!?赤ら顔の保湿方法教えます!

  3. 赤ら顔を解消するおすすめマッサージ方法まとめ

  4. 敏感肌の人は赤ら顔になりやすい!その原因と対策は?

  5. 赤ら顔に漢方が効く?おすすめの漢方3つを紹介!

  6. 日焼けによる赤ら顔の原因は?また予防と対処法は?

  7. ニキビによる赤ら顔にはどう対処すればいい?その原因や治し方は?

  8. 皮膚が薄いと赤ら顔の原因に?その対策方法は?