ツボ押しで赤ら顔改善!赤ら顔に効くツボまとめ

顔の赤みがいつまでも収まらず、人前に出たり緊張したりすると悪化することもある赤ら顔。

そんな赤ら顔には、ツボ押しが有効な手段のひとつです。

赤ら顔には原因によっていくつかのタイプがあるため、それによって効果があるツボも違います。

自分の赤ら顔のタイプとツボを知り、赤ら顔対策に役立ててみてください。

赤ら顔をタイプ別に知ろう


赤ら顔にはいくつかのタイプがあり、それによって押すべきツボも異なります。

自分が当てはまるタイプを見つけてみましょう。

血管が透けて赤く見えるタイプ

毛細血管拡張症と呼ばれるタイプです。

顔の表面にある毛細血管が広がり、皮膚から透けて赤く見えてしまいます。

頬だけでなく鼻や顔全体に赤みが出るのが特徴です。

自律神経や血流を整えるツボが向きます。

 

緊張で赤く見えるタイプ

人前に出たり、緊張したりすると赤く見えるタイプです。

自律神経のひとつである交感神経が高ぶってしまうことで起こるため、自律神経の働きを整えるツボが向きます。

 

肌そのものが赤いタイプ

ニキビやアトピーの炎症が色素沈着してしまい、肌そのものが赤くなってしまっているタイプです。

皮脂分泌を抑え、血流をよくするツボが向きます。

 

赤ら顔にツボ押しが効く理由

赤ら顔の改善にはツボ押しが効果的です。

ツボ押しには

・血流の改善や皮脂分泌を抑える効果
・自律神経を整える効果

があります。

ツボ押しは特別な道具やお金もかからず誰にでもでき、テレビを見ながらやお風呂の中でも気軽に行えるのがメリット。

中には顔が赤くなってしまったときに押すことで即効性があるツボもあります。

 

赤ら顔に効くツボをまとめてご紹介!


赤ら顔に効くツボは、腕から脚まで全身のさまざまな部位に存在しています。

ツボの見つけ方

ツボを探す場合は、何となくこのへんだなと目星をつけたら、そのまわりを広めに揉んだり押したりしてみて、特に痛みがあるところを探しましょう。

ほかにもそこだけ冷えて固い感じがする、凹みがあるなどもツボ探しの目安になります。

 

合谷(ごうこく)

出典:http://korikiku.com/

頭痛や肩こり、眼精疲労に効くツボで、特に頭部の血流をよくする作用があります。

人差し指と親指の間を指でぎゅっと握り、痛気持ちいと思うところを刺激しましょう。

 

通里(つうり)

出典:https://ameblo.jp

新陳代謝を促し、血流をよくするのに効果的です。

手首の小指側にポコッと突き出た骨のすぐ下側にあります。

 

行間(こうかん)

出典:https://www.kango-roo.com

体の熱をコントロールし、交感神経を抑えてリラックスさせる作用があります。

足の親指と人差し指の付け根のちょうど真ん中をつまむように刺激しましょう。

 

完骨(かんこつ)

出典:http://kenko.it-lab.com/

皮脂分泌を抑え、血流やリンパの流れをスムーズにするツボです。

耳の後ろの骨が出っ張っている部分を探し、そこのくぼみで気持ちいいと感じる部分を探してぐっと押しましょう。

 

曲泉(きょくせん)

出典:http://shinkyu.potaco.net/

肝臓の働きをよくして、新陳代謝を促進させる作用があるツボです。

膝を曲げ、内側にできたシワの先に凹みがある部分を探しましょう。

片方の手で膝を抑えながら、もう片方の親指で押し込むように刺激します。

 

土踏まず

その名の通り、足の土踏まずにあるツボです。

胃腸の働きを整えて老廃物を排出しやすくするため、ニキビにも効果があります。

足の裏の真ん中の凹んでいる部分を全体的に押しましょう。

 

三陰交(さんいんこう)

出典:http://www.kyushin.co.jp/

冷えを改善し、ホルモンバランスを整えるため「女性のツボ」とも呼ばれる部分です。

更年期障害でほてりや赤ら顔に悩む人にもおすすめです。

くるぶしの上部に手のひらをあて、指4本分上がった部分の骨の内側を刺激してください。

 

湧泉(ゆうせん)

出典:http://w.grapps.me/

自律神経の乱れを整え、ホルモンの分泌を促すツボです。

足の指を内側にぐっと曲げ、シワがよって凹むところを親指で押し込むようにします。

 

効果的なツボの押し方


ツボの部位がわかったら、今度は効果的な押し方についても見ていきましょう。

押すと揉むを使い分けよう

基本的には、指の腹を使って自分が「痛気持ちいい」と思う程度の強さで押します。

ひと押し3秒から5秒ほどでゆっくりと離す、という動作を3分から5分繰り返します。

左右にあるツボの場合は均等に押すようにしましょう。

また、場所によっては指全体を使って揉みほぐすのも効果的です。

ツボの範囲が広い土踏まずや湧泉などに向きます。

もし痛みが強ければ、さすって温めるだけでも効果があります。

同じ場所をやりすぎたり、力を入れすぎたりすると筋肉を傷つける恐れもあるため注意しましょう。

 

呼吸を意識しよう

ツボ押しは呼吸に合わせて行うとさらに効果が高まります。

押すときに息を吐き、指を離しながら息を吸うことを意識してみてください。

 

ツボ押しにおすすめのタイミング

ツボ押しを行う際は、体がリラックスした状態になっているお風呂上がりがおすすめです。

食事をした直後やお酒を飲んだあとはやめておきましょう。

また、ツボの近くに傷や怪我があるときも控えてください。

 

特に痛むツボを探して刺激しよう

ツボ押しを始めたばかりの頃は痛みが強く、またツボ自体も冷えて硬く感じることが多いでしょう。

これはそのツボが連動している体の機能が弱っているという証拠です。

毎日ツボ押しを続けるうちに、ツボのまわりがぽかぽかと温まり、痛みがとれてきます。

この感覚を目安に、自分に向いたツボを探してみてください。

 

赤ら顔はツボ押しで解消しよう

ツボは全身に多数存在しており、

・血流をよくする
・自律神経を整える

など赤ら顔に関係するものもあります。

効果的なツボの場所や押さえ方を知り、赤ら顔対策に役立ててみてくださいね。

関連記事

  1. ~男性編~赤ら顔の原因と治し方教えます。

  2. 敏感肌の人は赤ら顔になりやすい!その原因と対策は?

  3. 赤ら顔を解消するおすすめマッサージ方法まとめ

  4. 顔の赤みは脂漏性皮膚炎のせい?その原因と対策法は?

  5. 皮膚が薄いと赤ら顔の原因に?その対策方法は?

  6. 赤ら顔に漢方が効く?おすすめの漢方3つを紹介!

  7. 【赤ら顔に悩む人必見】赤ら顔の人がすべきスキンケア方法とは?

  8. 肌の赤みがきになる!赤ら顔を治す方法はある?