赤ら顔を治したい!赤ら顔の原因と対策方法まとめ

【新規】フェヴリナ炭酸ジェルパック

「赤ら顔」、本当に深刻ですね。

これは当事者にしか分からない苦しみがあると思います。

一見すると病気には見られず、傍から見れば「それくらい・・・」と軽んじられることも多いようです。

赤ら顔とは一体どのような症状で、何が原因なのか?治すことは出来るのか?など、一般にはあまり知られていない「赤ら顔」の実態をひとつずつひも解いてみましょう。

これによって、赤ら顔の悩みを抱える方のヒントになれば幸いです。

赤ら顔とは

ただ単に顔が赤いだけとか、一時的に火照っているだけではなく、じんわりと血がにじむような赤色が肌に浮き上がってくるのが「赤ら顔」です。

まずは、あなたの肌をチェックしてみましょう。

以下の状態に心当たりがあれば、もしかしたら赤ら顔かもしれません。

  • 頬がリンゴのように赤くにじんだ色になっている。
  • 緊張したり焦りが出ると直ぐに顔が赤くなる。
  • 皮膚の薄い部分は毛細血管が浮き出たように、赤い網目状が見える。
  • 少しの刺激や圧でも肌が赤くなる。

赤ら顔の原因とは

では、上記に心当たりがある方の場合、何が原因なのでしょう。

体質でしょうか。

それとも環境や生活習慣なのでしょうか。

赤ら顔と毛細血管の関係

赤ら顔は、別名「毛細血管拡張症」とも言われ、列記とした肌の病気のひとつなのです。

私達の肌の下には沢山の毛細血管が網目状に張り巡らされています。

血管は血液を運ぶこと以外には皮膚の温度調節をしています。

毛細血管の収縮は、この肌表面温度の調整のためなのですが、何らかの要因で毛細血管が膨張したままになってしまう事があります。

これが習慣化・慢性化してしまった状態が「毛細血管拡張症」です。

皮膚が薄い・透明感がある

毛細血管拡張症が肌を赤めてしまうのは、膨張した毛細血管が肌を透けて見えてしまうからです。

仮に毛細血管拡張症だとしても皮膚が分厚い部分は目立ちません。

さらに、肌が白く透明感がある方よりも、落ち着いた肌色の方の方が目立ちません。

気温差

暖かい所から寒い所に出たり、逆に寒い所から暖かい所に出た時に、頬が赤くなった経験がある方も多いでしょう。

これは、肌表面の体温調整のために毛細血管の収縮を繰り返すうちに、その調整がしきれなくなってしまった結果です。

寒暖差のあるところを短時間で行き来した時や、寒い地方に暮らしている方に見られる傾向です。

アルコールや刺激物

アルコールは毛細血管を拡張させます。

特に飲み始めは、体内でアルコールを慣らすために一時的に血流の勢いが増します。

この際に血流が肌を透けて見えます。

また、辛い物などの刺激物も同様です。

一時的に血管を拡張させます。

普通なら、暫くしてアルコールや刺激物に身体が馴染めば、治まることが多いのですが、毛細血管拡張症の方は拡張した毛細血管が戻りにくく“スイッチON”の状態のままになってしまうのです。

血行不良・血管の老化

年齢と共に血管も衰えます。

まず、血管壁の弾力が弱くなります。

血管壁の弾力が弱くなると血行が滞ります。

血流が滞ると、血行を良くするために血管は拡張した状態をキープし、結果として肌に赤味がさしてしまいます。

 

赤ら顔を治すためには

最後に、毛細血管拡張症による赤ら顔の場合のケア方法をご紹介します。

日常生活の習慣から具体的なスキンケア成分までひとつずつ上げてみましょう。

日常生活の習慣

肌に刺激を与えない事が第一です。

肌はちょっとした事で刺激を感じます。

例えば間違った洗顔・クレンジングで肌に過剰に刺激を与えてしまうと肌はもろくなってしまいます。

もろく薄くなってしまった肌は毛細血管が透けて見えやすいので、角層を一定の厚さをたもってあげる事が重要です。

また、先述の通り、寒暖差や刺激物の摂取も大敵です。

これは防寒対策や食事内容に見直しで十分に対策ができますね。

血管を強くする

血管の収縮が弱くなると拡張したまま元に戻りにくくなり、赤ら顔の状態が改善されません。

意識的に血管を強くする食材を摂りましょう。

ビタミンB群やプラセンタなどはサプリメントでも摂りやすいのでお勧めです。

また抗酸化成分も手軽で良いでしょう。

活性酸は体内のどこでも発生します。

発生すると血管も弱めてしまいます。

活性酸素の発生抑制のために

  • アントシアニン
  • ルテイン
  • ビタミンC

などを積極的に摂ってください。

アントシアニンはブルーベリーやアサイー、ルテインはほうれん草、ビタミンCは果物全般から摂れますので、毎日の食事や間食に取り入れると効果が期待できそうですね。

化粧品でのケア

血流を助ける成分として代表的な成分は「ビタミンK」です。

ビタミンKクリームは血行促進のために医師も処方する程、実力派の成分です。

また保湿をしっかり行う事や、粘膜に親和性の高い成分を使用することも良いでしょう。

粘膜に親和性の高い成分としては、海藻成分や海洋性成分がお勧めです。

オススメはフェヴリナの炭酸ジェルパック!

パックでおすすめなのがフェヴリナの炭酸ジェルパック!

自宅でかんたんに炭酸パックができますよ。

炭酸によってお肌の血行良くなり、ターンオーバーも促進!

ニキビや赤ら顔など肌トラブルに悩んでいる人にもってっこいのパックです。

石油系界面活性剤やアルコールを使っていないので目元や唇に使えるくらいお肌に優しいんです。

保湿成分もたっぷり入っているのでパックした後はエステに行った後のようなしっとり感が続きます!

今だと初回限定炭酸ジェルパック5回分が70%OFFの4,500円で購入できます!

ちょっと高いかな…

と思っている方もいるかもしれませんが、エステ代と比べるとかなりお得なので試す価値アリですよ♪

⇒炭酸ジェルパック公式サイト

医療的処置

レーザーで不要な毛細血管を焼いて処置する方法があります。

レーザーの熱で血管壁を固めてしまい、血管が拡張できなくする仕組みです。

根本的な治療であるの同時にリスクも高いので、専門医とよく相談してきましょう。

検討材料として上げられるには以下の通りです。

  • 医療行為なので費用がかかる
  • レーザーは荒療治の部類に入るので肌が正常に戻るまでのダウンタイムが長い
  • 再発や再治療がある

赤ら顔は命に関わる病気ではないですが、当事者は見た目にコンプレックスを抱き、気にしてしまいます。

この赤ら顔が毛細血管拡張症であるならば、対処方法は色々あります。

まずは日常生活の中で気を付けられることがはじめて見るのが良いでしょう。

症状にあわせて対策・ケアをお試しください。

 

関連記事

  1. ~男性編~赤ら顔の原因と治し方教えます。

  2. 赤ら顔はスキンケアとメイクでカバー!そのメイクやスキンケア方法とは?

  3. 赤ら顔と毛穴が目立つ!その原因と解消法は?

  4. 【赤ら顔に悩む人必見】赤ら顔の人がすべきスキンケア方法とは?

  5. 日焼けによる赤ら顔の原因は?また予防と対処法は?

  6. どうすれば治るの?赤ら顔の原因や対策方法

  7. 赤ら顔に漢方が効く?おすすめの漢方3つを紹介!

  8. 赤ら顔は美容皮膚科へ。レーザー治療や他の治療法の料金や効果とは