【赤ら顔に悩む人必見】赤ら顔の人がすべきスキンケア方法とは?

ちょっとした刺激にも敏感になり、すぐに顔が赤くなってしまう赤ら顔。

この場合、バリア機能が低下して肌が薄くなっているため、肌になるべく刺激を与えないスキンケアが重要となります。

今回は、そのために必要な化粧品の選び方や、スキンケア方法のポイントについて見ていきましょう。

赤ら顔の人の肌はどんな状態?


赤ら顔の人には、肌が薄く敏感なタイプが多く見られます。

ちょっとした刺激でも頬の毛細血管が拡張し、皮膚から透けて赤く見えてしまうのです。

洗顔でのこすりすぎやピーリングのしすぎなど、過剰なスキンケアによって肌のバリア機能が壊れ、乾燥しやすい状態になっていることもあります。

このほかにも、ニキビを繰り返すことで皮下組織に色素沈着したり、皮脂分泌が過剰になって炎症を起こしたりすることで赤ら顔になっていることもあります。

いずれの場合でも、まずは皮膚の炎症を鎮め、十分な保湿ケアを行うことが重要です。

 

赤ら顔の人のスキンケア用品の選び方


では、赤ら顔の人のスキンケア用品はどのように選べばいいのでしょうか。

そのポイントをまとめました。

血管の拡張を防ぐもの

赤ら顔に悩む人は、ちょっとした気温の変化ですぐに顔が赤くなったり、緊張すると赤くなったりすることがあります。

この場合はもともと血管が拡張しやすい肌質だと言えます。

そこで、血管の拡張を抑える成分が配合された化粧品を選びましょう。

ビタミンKは血流をスムーズにする作用があり、赤ら顔専用の化粧品にもよく使われています。

化粧水や美容液などさまざまなタイプがあるため、自分の肌に合うものを探してみましょう。

 

刺激の少ないもの

皮膚が薄くなっていると、外部からの刺激に過敏に反応してしまうことがあります。

刺激になりやすいものには、アルコール(エタノール)や香料などがあります。

余分な成分が入っているものよりも、なるべく目的の成分の配合量の多いシンプルなタイプを選びましょう。

 

保湿効果の高いもの

もっとも重要なのは、保湿力が高い成分が配合された化粧品を選ぶことです。

保湿は肌の土台とも言えるもので、肌本来のうるおいを取り戻し、バリア機能がしっかり働くことでさまざまな肌トラブルに効果を発揮します。

ニキビや皮脂の過剰分泌に悩んでいる場合でも、まずは保湿をしっかり行うことで徐々に肌の状態が改善されていきます。

保湿効果が高い成分には、

・セラミド
・コラーゲン
・ヒアルロン酸

などがあります。

特にセラミドは、肌が本来持っているセラミドを補給し、さらに体内でセラミドを作り出すサポートもしてくれるためおすすめです。

 

炎症を抑えるもの

ニキビや過剰な皮脂分泌によって炎症を起こしている場合は、抗炎症作用がある成分が配合されたものを選んでください。

・グリチルリチン酸ジカリウム
・アラントイン
・ビタミンC誘導体

などがおすすめです。

ただし、炎症がひどい場合は刺激を感じることも。

その場合はまずは保湿成分を補うようにします。

 

オススメはフェヴリナの炭酸ジェルパック!

おすすめなのがフェヴリナの炭酸ジェルパック!

自宅でかんたんに炭酸パックができますよ。

炭酸によってお肌の血行良くなり、ターンオーバーも促進!

赤ら顔やにきびなどの肌トラブルに悩んでいる人にもってっこいのパックです。

石油系界面活性剤やアルコールを使っていないので目元や唇に使えるくらいお肌に優しいんです。

保湿成分もたっぷり入っているのでパックした後はエステに行った後のようなしっとり感が続きます!

今だと初回限定炭酸ジェルパック5回分が70%OFFの4,500円で購入できます!

ちょっと高いかな…

と思っている方もいるかもしれませんが、エステ代と比べるとかなりお得なので試す価値アリですよ♪

⇒炭酸ジェルパック公式サイト

 

赤ら顔の人におすすめのスキンケア方法


赤ら顔の人のスキンケア用品の選び方を踏まえた上で、適切なスキンケアを行っていきましょう。

まずは肌トラブルのケアから

赤ら顔におすすめの成分についてご紹介してきましたが、炎症やバリア機能の低下など肌トラブルがある状態では、いくらつけても本来の効果を発揮できません。

そもそも赤ら顔になるということは、肌が弱って外部からの刺激に敏感になっている状態。

順番としては、まず保湿を十分に行い、肌の状態がある程度改善されてから抗炎症作用のあるものや血管拡張作用のあるものを使うようにしましょう。

また、紫外線も赤ら顔にとっては大きな刺激になるため、ケアは忘れずに。

 

摩擦や刺激は最低限に

赤ら顔を悪化させる大きな原因となるのが、摩擦や刺激です。

無意識に以下のような行為をしていないでしょうか?

これらの行為は、皮膚を刺激して角質層を削ってしまい、赤ら顔を招く原因になります。

 

・ピーリングをしょっちゅう行う

ピーリングは刺激が強いため、赤ら顔が改善されるまでは控えましょう。

 

・ごしごしと顔をこする、泡立てずに顔につける

毎日の洗顔も、肌に負担をかける大きな原因となります。

よく泡立ててから顔にのせ、手のひらではなく泡で洗う感覚で行いましょう。

 

・顔のマッサージをする

顔のマッサージは必ずクリームやオイルを塗ってからやさしく行います。

 

・髪の毛が顔を覆うようなヘアスタイル

髪の毛が肌にしょっちゅう触れることも刺激になります。

なるべく髪をまとめ、顔に触れない工夫をしましょう。

 

・メイクを落とさないまま寝る、濃いメイクをする

メイクのしすぎや、長時間に及ぶメイクは肌への刺激となってしまいます。

家に帰ったらすぐに落とすか、必要最低限の薄めのメイクがおすすめです。

 

赤ら顔の人は保湿重視で刺激を抑えたケアを意識しよう

すぐに顔が赤くなってしまうという人の肌は、少しの刺激にも敏感な状態。

日頃無意識に行っているケアが、赤ら顔を悪化させているかもしれません。

まずは保湿を重視したケアを行い、なるべく肌に摩擦や刺激を与えないように意識することが大切です。

関連記事

  1. 生理前は赤ら顔になりやすいのはなぜ?効果的な改善法は?

  2. 敏感肌の人は赤ら顔になりやすい!その原因と対策は?

  3. 顔の赤みは脂漏性皮膚炎のせい?その原因と対策法は?

  4. 鼻の周りが赤くなる!鼻周りの赤ら顔の原因は?改善法はある?

  5. 運動したり、お酒を飲むと赤ら顔になる理由とは?

  6. 赤ら顔を治したい!赤ら顔の原因と対策方法まとめ

  7. 赤ら顔に漢方が効く?おすすめの漢方3つを紹介!

  8. 日焼けによる赤ら顔の原因は?また予防と対処法は?