アラフォーだからこそしたい!美肌のためのスキンケア方法は?

【新規】フェヴリナ炭酸ジェルパック

「40歳は2度目の成人式」というフレーズを聞いたことはありませんか?

お肌も同じです。

20歳が肌細胞のピークで、その後、エイジング期に入ります。

そして、40歳ともなれば、これまでとは違う変化も出てきます。

肌が若々しく、美しければ、心も軽くなりますね。

素敵に年を重ねる為にスキンケアを一緒に見ていきましょう。

40代の肌の変化と特長

20歳が一番初めのお肌の曲がり角だとすれば、40歳は2度目の曲がり角です。

まずは、40歳の肌の現実をみてみましょう。

ターンオーバー

ターンオーバーとは肌の新陳代謝、すなわち生まれ変わりの事です。

この周期は、20代までの健康な肌ならば、おおよそ28日周期と言われています。

しかし、年齢を重ねるごとにターンオーバー周期が長くなり、肌表面は古い角質が張り付いたままになってしまいます。

実際、30代以降のターンオーバー周期は【年齢+10日~15日】と言われています。

つまり、40代になると、最短でも50日~55日かかる計算になります。

ターンオーバー周期が長くなれば

  • くすみ
  • 毛穴
  • シワ

などが目出ち、感触もゴワゴワと硬くなってしまいます。

水分量・皮脂量

肌の保湿は水分量と皮脂量のバランスが重要です。

このバランスは、年齢ごと特長があります。

25代~30代いっぱい位は、水分量が急激に下がり、「インナードライ」に陥ります。

これは、部分的なテカリやベタ付きが気になる時期です。

そして40代以降は、水分量が不足したまま、皮脂量までも激減し、挙句、皮脂量が水分量を下回ります。

インナードライに対して「アウタードライ」と呼ばれることもあります。

この状態は、肌表面がカサカサに乾燥し、白い筋が目立って、シワ、たるみも増長されます。

インナードライに比べ、肌表面に年齢が出やすく、一気に老けて見えてしまうのがこの状態です。

コラーゲンの減少と質の低下

40代はハリ・弾力の低下が大きな悩みになってきます。

見た目にもほうれい線が目立ち、頬が落ちて「ブルドックライン」と呼ばれる大きなたるみが気になり始めます。

これはコラーゲンが鍵を握っています。

コラーゲンは、真皮層と呼ばれる肌の奥に存在していて、良く「高級ベッド」に例えられます。

ホテルなどで採用しているマットレスの分厚いベッドを想像してください。

このマットレスの部分が真皮層で、これに内蔵されているスプリングがコラーゲンです。

経年劣化でスプリングが劣化してしまえば、ベッドの弾力や、身体を支えてくれる機能も低下します。

これと一緒です。

コラーゲンが減少し、質が低下してくると肌はハリも弾力も失います。

 

40代の基本のお手入れ

では、40代のお肌を正しくお手入れするにはどのようにすれば良いのでしょうか。

正しい洗顔

正しい洗顔とは、【汚れは落としても、保湿は流さない】ことです。

つまり、間違った洗顔方法で潤いを逃がしては駄目なのです。

それには以下のポイントを押さえましょう。

  • オールインワン洗顔料を上手に使う
  • すすぎは水温32度で20回

色々欲張らずに、まずはこの2つから実践してみましょう。

オールインワン洗顔とは、クレンジングと洗顔が一緒になったタイプです。

洗い流す回数が少なくなるだけでも、その分潤いをキープできます。

さらに高い水温ですすぐと、肌の中の水分も皮脂も流れ出てしまいます。

理想は32度です。

どうしても水温を上げたい季節でも、せめて体温よりは低い水温ですすぎましょう。

バランスの良い保湿

前述の通り、理想の保湿は水分量と皮脂量のバランスが良い事です。

40代は水分量が足りないことも去ることながら、皮脂量が水分量を下回ります。

これは言わば、「皮脂膜」がもろくなっている証拠です。

本来、健康な肌の場合は「皮脂膜」という油分のヴェールが存在し、これが、肌の潤いを守ってくれます。

良質な油分で人工の皮脂膜を作ってあげましょう。

おすすめは、以下のような皮脂膜と組成の近いです。

  • スクワランオイル
  • ツバキオイル
  • ユズオイル
  • ホホバオイル
  • オリーブオイル

純正のオイルでは無くても、これらが含まれているクリームなども良いでしょう。

光ケア

現代の地球環境は、ただ普通に生活しているだけでも、以下のような有害な光にさらされています。

  • 紫外線
  • 近赤外線
  • ブルーライト

通年の紫外線ケアは、この10年程でずいぶん定着しましたが、まだ夏しか紫外線ケアをしない方も少なくありません。

日焼けやシミの元になる紫外線B波は、確かに夏場に多くなります。

一方で、シワやたるみの元になる紫外線A波は、季節を問わず一定量で降り注いでいます。

そのため、通年で紫外線ケアです。

ブルーライトは近年で急浮上してきた環境トラブルのひとつと言って良いでしょう。

スマートフォン、パソコンから発せられるブルーライトは活性酸素を誘発し、肌老化を早めます。

おすすめは、これら3つの光が同時にカットできるクリームやファンデーションを選ぶ事です。

これが一番簡単で確実です。

ハリケア

これは、ズバリ、スキンケア製品に含まれている成分で勝負です。

以下の成分が高配合されている物を選びましょう。

  • コラーゲン
  • エラスチンン
  • ヒアルロン酸

コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸は肌の奥の真皮層に存在し、ハリ・弾力を担っています。

この時のポイントはコラーゲンだけでは駄目だという事です。

コラーゲンを束ねる役割はエラスチンです。

そして、コラーゲンの間でクッションの役割になっているのがヒアルロン酸です。

つまりは、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸は3つセットだと思っておいた方が賢明です。

 

40代のスペシャルケア

最後はスペシャルケアです。

おすすめはマッサージとパックです。

マッサージは、スキンケア成分をより早く確実に肌全体に行きわたらせる為に必要です。

血管は様々な栄養成分を身体全体に届ける役割をしています。

これは肌も然りです。

いくら、良い成分が配合されている化粧品を使っても、巡りが悪ければ肌全体に行き渡りません。

また、肌を暖めながら行うスチームパックは化粧品成分の浸透を助けるでけは無く、角質を柔らかくしてターンオーバー周期を正常に保つ為にも一役買ってくれます。

40代の肌は、そもそもの保湿や栄養が足りなくなることも問題ですが、その栄養が肌の中で有効活用しにくくなることが問題です。

これは、肌細胞の生理機能が低下してしまうからです。

基本のお手入れにプラスして、そのお手入れがきちんと生かされるようなプラスαのケアも丁寧に行いましょう。

美しい肌は、年齢をごまかしたり、抗うのではなく、肌の状態をしっかりと受け止め、それに適したお手入れを賢く取り入れることです。

賢く、前向きなアンチエイジングケアを応援します。

オススメはフェヴリナの炭酸ジェルパック!

パックでおすすめなのがフェヴリナの炭酸ジェルパック!

自宅でかんたんに炭酸パックができますよ。

炭酸によってお肌の血行良くなり、ターンオーバーも促進!

ニキビや赤ら顔など肌トラブルに悩んでいる人にもってこいのパックです。

石油系界面活性剤やアルコールを使っていないので目元や唇に使えるくらいお肌に優しいんです。

保湿成分もたっぷり入っているのでパックした後はエステに行った後のようなしっとり感が続きます!

今だと初回限定炭酸ジェルパック5回分が70%OFFの4,500円で購入できます!

⇒炭酸ジェルパック公式サイト

関連記事

  1. 小鼻の角質のケアで透明感のある肌に!そのスキンケア方法とは?

  2. それだけでいいの!?簡単に美肌になる3つの方法

  3. プルプル美肌になりたいなら基本のスキンケアを見直そう!

  4. 目指せ美白美人!美白パックおすすめランキング

  5. 保湿のしすぎは実は美肌を遠ざける!?正しい保湿方法とは?

  6. 美肌になりたい人が摂るべき食事やそのレシピは?

  7. 美白&美肌美人になるためにするべきセルフケア方法とは?

  8. クレンジングが美肌のカギ!正しいクレンジング方法と選び方は?